メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

地方密着 スポーツ交流=鈴木大地

 中央官庁や地方自治体には「パブリックコメント」という意見公募制度がある。通称「パブコメ」。通常は素案などを策定した後に行うのが一般的だが、スポーツ庁ではまっさらな状態から実施してみた。パブリック・コンペティション(競技会)、略して「パブコン」。このほど第2回の長官賞が決まった。

 一般部門は大東文化大の「空き家大学『ヘルスフィットネス講座』」。地方を中心に全国で急増している空き家を地域密着のスポーツジムとして活用し、地元の大学生とお年寄りがスポーツで交流を図るという内容だ。お年寄りにスポーツに親しんでもらうことは、健康寿命を増進し、医療費の削減にもつながるので有益と考える。

 こうした取り組みは、1日に発足した大学スポーツ協会(略称UNIVAS=ユニバス)が目指す理念と一致…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文867文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです