メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

動かぬ腕、補償ゼロ 津波で障害、漁師断念

自宅の縁側で語らう大川貞男さん(左)と妻ヒメ子さん。貞男さんは津波で左腕に後遺症が残り、漁師への復帰は断念せざるを得なかった=岩手県山田町で2019年2月23日、喜屋武真之介撮影

 東日本大震災でのけがが原因で障害が残った人がいる。岩手県山田町に住む大川貞男さん(77)。津波にのみ込まれてがれきがあたり左腕が今も不自由だ。被災地で復興が進む姿とは対照的に「自分だけ取り残されている」と孤立感を深めている。【本橋敦子】

 半島に抱かれた風光明媚(めいび)な山田町の山田湾。震災の津波に襲われたが、今は穏やかな水面にカキ養殖のいかだが浮かぶ。湾の近くに住む大川さんはこの海で50年間、漁業にいそしんだ。「普段は忘れたふりをしてるけど、海を見るとやっぱり切ない」

 震災が起きた時、大川さんはいったん避難したが、自分の船が心配になり、港に戻った。漁師仲間と防潮堤か…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文1012文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  2. 中東 動物兵器、うごめく
  3. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  4. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る
  5. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです