メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

動かぬ腕、補償ゼロ 津波で障害、漁師断念

自宅の縁側で語らう大川貞男さん(左)と妻ヒメ子さん。貞男さんは津波で左腕に後遺症が残り、漁師への復帰は断念せざるを得なかった=岩手県山田町で2019年2月23日、喜屋武真之介撮影

 東日本大震災でのけがが原因で障害が残った人がいる。岩手県山田町に住む大川貞男さん(77)。津波にのみ込まれてがれきがあたり左腕が今も不自由だ。被災地で復興が進む姿とは対照的に「自分だけ取り残されている」と孤立感を深めている。【本橋敦子】

 半島に抱かれた風光明媚(めいび)な山田町の山田湾。震災の津波に襲われたが、今は穏やかな水面にカキ養殖のいかだが浮かぶ。湾の近くに住む大川さんはこの海で50年間、漁業にいそしんだ。「普段は忘れたふりをしてるけど、海を見るとやっぱり切ない」

 震災が起きた時、大川さんはいったん避難したが、自分の船が心配になり、港に戻った。漁師仲間と防潮堤か…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 21世紀枠は帯広農、磐城、平田 第92回選抜高校野球

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです