メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型出生前診断

小児科学会が懸念 「共生社会遠のく」

 妊婦の血液から胎児の染色体異常を推定する新型出生前診断(NIPT)で、実施施設を増やすために要件を大幅に緩和する日本産科婦人科学会の新指針案に対し、日本小児科学会は5日、懸念を表明する声明を発表した。

 新指針案では、遺伝の専門家や小児科医の関与が必須ではなくなる。検査前の専門家による遺伝カウンセリングも研修を受けた産婦人科医だけで可能とし、施設の増加を図る。

 声明で小児科学会は、今回の要件緩和について「(母子への)多職種、多領域の連携による継続的な支援体制…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. ポルシェで時速200キロ 芦屋の医師を危険運転致死容疑で追送検
  3. 都公安委 吉沢ひとみ被告の免許取り消し
  4. 40年間以上無免許運転の男逮捕 「面倒くさくてお金もないので」と更新せず
  5. 大阪女児不明 友梨さんの父が手記公表「些細な情報でも」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです