メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西部ガス

電気料金下げ 家庭向け1.64% 九電に対抗

 西部ガスは5日、4月1日から家庭向け電気料金を平均1・64%値下げすると発表した。原発再稼働などを理由に値下げする九州電力に対抗する。電力小売り全面自由化で顧客の流出に歯止めがかかっていないため、今回の値下げで割安感をアピールし、顧客の囲い込みを狙う。

 値下げの対象となるのは、家庭と小規模商店向けの全6プラン。主力の「プラスでんきプラン1」の場合、標準家庭(30アンペア契約、250キロワット時)の値下げ後の月額は73円安い6462円になる。特に電力使用量が多い家…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  4. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  5. 防衛大いじめ訴訟5日判決 母親が再発防止を訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです