メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

作り置き 福岡県粕屋町・山田千鶴子(62歳)

 20年前からの6年間、この3月までの5年間。主人の単身赴任期間である。共に隣の県だ。

 初めの引っ越しの際、家具家電、炊飯器、鍋、フライパンなど全て持たせたが、予想に反して自炊は全くしなかった。すぐに朝食と夕食用に、おかずを作り、茶わん1杯分の小分けしたご飯をラップに包んでくれと言うようになった。

 20年前からの6年間は毎週日曜に私1人で作り、夕方に任地に戻る主人を見送ってから山のような洗い物を1人でやった。今は私の体があちこち悲鳴を上げ、肩や腰に痛みが出るようになって、その日の夕…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです