メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

オープン戦 西武11-3ソフトバンク ソフトバンク、ギータ進化の1本 詰まっても柵越え

 (5日)

 ■春風

 低く飛び出した白球は放物線を描き、右翼テラス席に飛び込んだ。一回、ソフトバンクの3番・柳田が放った2ラン。1死三塁、1ボールから西武の右腕・高橋光の内角低めのスライダーをすくい上げた。

 勢いのある打球にも、本人は「タイミングをずらされ、詰まった」と振り返った。打撃で大切にしているのは「タイミングとスイングの軌道」。その一つを乱されながらも、打球はフェンスを越えていくのだから恐れ入る。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  3. J1神戸 ポドルスキ暴言問題に無言…進展なしもインスタ更新(スポニチ)
  4. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです