メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハローキティ

初のハリウッド映画化決定 米ワーナー・ブラザースが全世界配給へ

初のハリウッド映画化が決定したサンリオの人気キャラクター・ハローキティ(C)1976,2019 SANRIO CO.,LTD.

 サンリオの人気キャラクター・ハローキティの初のハリウッド映画化が決定したことが6日、分かった。サンリオとワーナー ブラザースジャパンが発表した。米ワーナー・ブラザース・エンターテイメント傘下の映画製作会社で、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作などで知られるニュー・ライン・シネマと映画製作プロダクションのフリン・ピクチャーが、ハローキティをはじめとしたサンリオキャラクターの初のハリウッド映画製作企画を進めているという。

 世界配給は米ワーナー・ブラザース映画が手掛ける。フリン・ピクチャーのボー・フリンさんがプロデューサー、ウェンディ・ジェイコブソンさんがエグゼクティブプロデューサーを務める。現在開発中のため、形式(実写、アニメ、CG など)及び公開時期は未定としている。

 サンリオの辻信太郎社長は「友情のシンボル、ハローキティをはじめとした多くのサンリオキャラクターたちがハリウッドで映画化されることになり、非常に喜んでおります。この映画を通して、世界の隅々までに仲良しの輪、友情の輪が広がっていくことを心から願っております」とコメントしている。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです