メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勤労統計、隠蔽の有無たださず 樋口委員長答弁、参院予算委

参院予算委員会で厚生労働省の毎月勤労統計の不正調査問題について答弁するため事務方と協議する厚労省特別監察委員会の樋口美雄委員長(前列左)。前列右は中江元哉元首相秘書官=国会内で2019年3月6日午後1時27分、川田雅浩撮影

 毎月勤労統計の不正問題に関する厚生労働省特別監察委員会の樋口美雄委員長(独立行政法人労働政策研究・研修機構理事長)は6日の参院予算委員会で、同省担当者にヒアリングした際に、不正を隠蔽(いんぺい)する意図があったかどうかを直接的には確認していなかったと明らかにした。監察委が先月公表した追加報告書では、「事実を認識しながら、意図的に隠そうとする行為」と細かく定義したうえで組織的隠蔽を否定しており、野党は批判を強めた。

 立憲民主党会派の小西洋之氏が「事実を隠す意図があったかどうか質問したか」とただしたのに対し、樋口氏…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです