メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタル課税、国際ルール合意の道険し 「課税戦争」危惧する声も

巨大IT企業への国際課税

 巨大IT企業への課税ルールを見直す国際的な議論が進んでいる。経済協力開発機構(OECD)が2月、三つの見直し案を公表し、3月にはパリで公聴会を開く。今年の主要20カ国・地域(G20)の議長国を務める日本政府は議論を主導し、6月に福岡市で開かれるG20財務相・中央銀行総裁会議で方向性を打ち出したい考えだが、各国の思惑が入り乱れており、調整は難航が予想される。【岡大介】

 「ついに米国が議論に乗ってきた」。デジタル課税の国際議論に参加している日本政府関係者は2月中旬、交…

この記事は有料記事です。

残り1484文字(全文1719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです