メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタル課税、国際ルール合意の道険し 「課税戦争」危惧する声も

巨大IT企業への国際課税

 巨大IT企業への課税ルールを見直す国際的な議論が進んでいる。経済協力開発機構(OECD)が2月、三つの見直し案を公表し、3月にはパリで公聴会を開く。今年の主要20カ国・地域(G20)の議長国を務める日本政府は議論を主導し、6月に福岡市で開かれるG20財務相・中央銀行総裁会議で方向性を打ち出したい考えだが、各国の思惑が入り乱れており、調整は難航が予想される。【岡大介】

 「ついに米国が議論に乗ってきた」。デジタル課税の国際議論に参加している日本政府関係者は2月中旬、交…

この記事は有料記事です。

残り1484文字(全文1719文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  4. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです