メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みずほFG、6800億円損失計上 19年3月期連結決算、店舗数削減などで

業績下方修正について説明するみずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長=東京都中央区で3月6日、坂井隆之撮影

 みずほフィナンシャルグループ(FG)は6日、2019年3月期連結決算で、過剰な店舗数の削減などに伴い約6800億円の損失を計上すると発表した。これにより、連結最終(当期)利益の見通しを従来の5700億円から800億円(18年3月期は5765億円)に大幅下方修正した。超低金利や人口減少で銀行経営が厳しさを増す中、将来予想される損失を一括計上し、体質改善を図る。

 みずほFGは17年11月、IT活用で業務量が減ることなどを受け、今後10年間でグループ従業員数を1…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです