メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再編旧3行のシステム併存、「旧行意識」で効率化に遅れ みずほ巨額損失計上

3メガバンクが進める構造改革

 みずほフィナンシャルグループ(FG)が2019年3月期連結決算で、6800億円の損失を計上するのは、超低金利など厳しい経営環境の中で、生き残りをかけた抜本的な構造改革を進めるためだ。他のメガバンクと比べても店舗再編などの改革は大きく遅れており、巨額損失を計上してでも巻き返しを図りたい思いがにじむ。

 「従来型の金融モデルの限界だ。収入と経費のミスマッチが起きており、金融機関として顧客ニーズに対応できる構えが十分にできていない」。6日に記者会見したみずほFGの坂井辰史社長は構造改革の必要性を強調したうえで、今回の減損処理に伴う損失計上を「前向きな処理」と繰り返し強調した。

 今回、最も大きいのは固定資産の減損による5000億円の損失で、そのほとんどが銀行の新たな基幹システ…

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1284文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです