メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「我が子を詐欺のだしに、なぜ」当時の保護者ら 籠池夫妻初公判

初公判のため、大阪地裁に向かう籠池泰典被告(左端)と妻諄子被告(右端)=大阪市北区で2019年3月6日午後1時40分、小出洋平撮影

 学校法人「森友学園」(大阪市)を巡る補助金詐欺事件で、国と大阪府・市からの補助金をだまし取ったとして詐欺などの罪に問われた、前学園理事長の籠池泰典(66)と妻諄子(62)の両被告の初公判が6日、大阪地裁(野口卓志裁判長)で始まった。籠池泰典被告らは、森友学園が運営する塚本幼稚園(大阪市)の園児らを勝手に障害児として申請するなどし、補助金をだまし取ったとされる。当時の保護者らは「なぜ子ども…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストア店の業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 「海女の支援に」 アワビ稚貝と真珠のピンバッジが人気

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです