清原和博さん、薬物使用「苦しみの日々だった」 啓発イベントに出演 元プロ野球選手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2016年に覚せい剤取締法違反(使用など)で有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博さん(51)が6日、東京都内で開かれたイベントに出演した。

 このイベントは、アルコールや薬物などの依存症への理解を深めるための啓発が目的。現役時代、西武や巨人で活躍した清原さんは現在も依存症治療中で、国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦・薬物依存研究部長との対話を通じて、自らの体験を語った。

 松本 今回、厚生労働省のこの依存症啓発のイベント、オファーがきて驚かれたのでは?

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1003文字)

あわせて読みたい

注目の特集