メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

清原和博さん、薬物使用「苦しみの日々だった」 啓発イベントに出演 元プロ野球選手

 2016年に覚せい剤取締法違反(使用など)で有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博さん(51)が6日、東京都内で開かれたイベントに出演した。

 このイベントは、アルコールや薬物などの依存症への理解を深めるための啓発が目的。現役時代、西武や巨人で活躍した清原さんは現在も依存症治療中で、国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦・薬物依存研究部長との対話を通じて、自らの体験を語った。

 松本 今回、厚生労働省のこの依存症啓発のイベント、オファーがきて驚かれたのでは?

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1003文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです