メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

斎宮跡で飛鳥時代の宮殿一部か 伊勢神宮「斎王」過ごす 三重・明和

国史跡・斎宮跡の発掘調査で見つかった初期斎宮の宮殿を囲っていた塀跡=斎宮歴史博物館提供

 天皇に代わって伊勢神宮の祭祀(さいし)をつかさどる「斎王」の宮殿などがあった三重県明和町の斎宮(さいくう)跡(国史跡)で、飛鳥時代後半(7世紀後半~8世紀初め)の宮殿を囲った塀跡と宮殿の一部とみられる大型建物跡などが見つかった。同町の斎宮歴史博物館が6日、発表した。

 天武天皇の娘で、初代斎王の大来皇女(おおくのひめみこ)の宮殿跡の可能性があり、同博物館は「天皇の権威付けとして伊勢神宮と天皇家との関係が強くなる時代に、天皇を中心とした国の形が定まっていく様子が分かる貴重な発見だ」としている。

 斎宮跡は東西約2キロ、南北約700メートルで、面積約137ヘクタール。史跡西部(同町竹川)で昨年6…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  4. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  5. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです