メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

教育 就学不明の外国籍の子、国が調査へ

岐阜県可児市の就学支援教室で、学校生活について学ぶ外国籍の子どもたち。鉛筆削りを見せて「これ、家にある?」と聞くと、手を上げたのは6人中1人だけだった=岐阜県可児市で2018年9月7日、奥山はるな撮影

 日本にっぽんんでいて小中学校しょうちゅうがっこうかよねんれいでありながら、学校がっこうかよっているかからない「就学しゅうがく不明ふめい」になっている外国籍がいこくせきどもがいます。くに役所やくしょ文部科学省もんぶかがくしょうが4がつから、はじめて全国ぜんこく調査ちょうさをすることになりました。

     調査ちょうさは、全国ぜんこくの1741自治体じちたいわせ、住民じゅうみんとしてとどけられている6~14さい外国籍がいこくせきどものうち、就学しゅうがく不明ふめいどものかずりまとめます。自治体じちたいいえごとにどもをたずねているかどうかなども調しらべます。

     毎日新聞まいにちしんぶんさくねんあき外国籍がいこくせきどもがおお上位じょうい100自治体じちたい対象たいしょうおこなったアンケートでは、およそ1まん6000にん就学しゅうがく不明ふめいでした。日本にっぽんでは、外国籍がいこくせき保護者ほごしゃは、どもを小中学校しょうちゅうがっこうかよわせる義務ぎむからはずれています。このことなどを理由りゆうに、外国籍がいこくせきどもへのみが不十分ふじゅうぶん自治体じちたいもあります。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
    2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
    3. 防犯チラシを西宮署が回収 「女性に責任あるような表現だ」と苦情寄せられ
    4. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
    5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです