メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州ニュースアラカルト

暗黒の歴史と向き合う ベルギー王立中央アフリカ博物館が「脱植民地化」するまで 

5年の改装をへてリニューアルしたベルギー王立中央アフリカ博物館=ブリュッセル近郊テルビュレンで、八田浩輔撮影

 中央アフリカにまつわる世界有数の文化財を所蔵するベルギー王立中央アフリカ博物館が5年に及んだ大改修を経て生まれ変わった。過去の展示がベルギーの旧植民地コンゴ(現在のコンゴ民主共和国)やアフリカに対する自国の優越的な見方を広めたと自省し、植民地統治の歴史に批判的な視点を加えて内容も一新した。博物館は、再開までの道のりを「脱植民地化」と呼んだ。

この記事は有料記事です。

残り3401文字(全文3573文字)

八田浩輔

ブリュッセル支局 2004年入社。京都支局、科学環境部、外信部などを経て16年春から現職。欧州連合(EU)を中心に欧州の政治や安全保障を担当している。エネルギー問題、生命科学と社会の関係も取材テーマで、これまでに科学ジャーナリスト賞、日本医学ジャーナリスト協会賞を受賞(ともに13年)。共著に「偽りの薬」(毎日新聞社)。Twitter:@kskhatta

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  3. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです