メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相の「封建主義」を象徴

 昭和演歌の歌詞「嘘と泪のしみついた どうせ私は噂の女」(前川清の「噂の女」)ではないが、昨今、霞が関のちまたでは、お役人さんが「嘘と忖度(そんたく)のしみついた、どうせ私は噂の○○省」と自嘲気味に歌っているらしい。

 頭がいいはずの高級官僚が「嘘と知りつつ」苦し紛れの答弁を繰り返す毎日。「嘘と知りつつ待ちました 馬鹿な女の涙雨」(黒沢明とロス・プリモスの「雨の銀座」)みたいな「やるせない」心境なのか? 正直、気の毒である。

 「毎月勤労統計」で火がついた厚生労働省の「不正統計」問題はアチコチに飛び火して、ついにGDP(国内総生産)の「かさ上げ疑惑」まで飛び出した。

この記事は有料記事です。

残り2279文字(全文2577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 一転して医療崩壊の危機 集団免疫獲得とも取り上げられた都市で「第2波」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです