メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

官製春闘 脱却に向け新たな賃上げ方式模索

労使交渉にベンチマーク 生産性向上へ構造改革も

 政府の要望に応じる形で労使が賃金交渉を行う官製春闘は6年目に入った。しかし、今年はこれまでと異なる動きも出ている。昨年に引き続きトヨタがベースアップを非公開としたほか、賃上げは政府に要請されて行うものではないとして経団連は自主性を強調。連合は、賃上げの幅だけではなく企業規模による格差の是正も掲げている。官製春闘の限界が指摘されており、脱・官製春闘に向け、新たな賃上げ方式の模索が始まった形だ。

 自動車大手の労働組合が2月13日に経営側へ要求書を提出し、今年の春闘が始まった。1カ月後の3月13…

この記事は有料記事です。

残り2322文字(全文2593文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 交番襲撃
  3. 逮捕の男、名前以外黙秘 山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 交番襲撃 
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです