メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

野菜界に新顔続々 各地で「特産に」

 品種改良などで誕生した「新野菜」の生産に力を入れる地域が増えている。見た目が珍しく、栄養価にも優れているため消費者にアピールできると判断。特産に育てたい考えだ。カリフローレ、プチヴェール、アレッタ……。こんな名前の野菜、知っていますか。

 「いい感じで育ってますね」。1月下旬、JAあいち尾東・南部営農センター(愛知県豊明市)の営農相談員、青木崇史さん(35)は地元農家の蜷川文衡さん(42)の畑で声を掛けた。蜷川さんが栽培しているのは収穫期を迎えている新野菜「カリフローレ」だ。カリフラワーを改良して2013年に登場。棒状に伸びた茎の部分に甘さがあっておいしい。1袋を150円前後で主に直販所で販売。1株で5袋程度とれ、ブロッコリーより採算が良い。青木さんは「販路を広げて何とか特産にしたい」…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです