メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

野菜界に新顔続々 各地で「特産に」

 品種改良などで誕生した「新野菜」の生産に力を入れる地域が増えている。見た目が珍しく、栄養価にも優れているため消費者にアピールできると判断。特産に育てたい考えだ。カリフローレ、プチヴェール、アレッタ……。こんな名前の野菜、知っていますか。

 「いい感じで育ってますね」。1月下旬、JAあいち尾東・南部営農センター(愛知県豊明市)の営農相談員、青木崇史さん(35)は地元農家の蜷川文衡さん(42)の畑で声を掛けた。蜷川さんが栽培しているのは収穫期を迎えている新野菜「カリフローレ」だ。カリフラワーを改良して2013年に登場。棒状に伸びた茎の部分に甘さがあっておいしい。1袋を150円前後で主に直販所で販売。1株で5袋程度とれ、ブロッコリーより採算が良い。青木さんは「販路を広げて何とか特産にしたい」…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 指原 NGT運営バッサリ 山口真帆の気持ち「考えるべき」(スポニチ)
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです