メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

安倍流改憲論の薄っぺら 「自衛官募集に自治体が協力しないから…」

安倍晋三首相=玉城達郎撮影

 「新説」である。最近、新たに登場した安倍晋三首相の憲法改正論のことだ。今度は「自衛官募集に協力しない自治体が多い。だから9条を変えて自衛隊を明記しよう」との主張である。事情を知る元自衛隊OBらはどう見るか?【吉井理記】

徴兵制「合憲」の危険も 「無用の長物」願望こそ誇り

 確認しておこう。安倍首相がその「新ネタ」を披露したのは2月10日、自民党大会でのことだ。「都道府県の6割以上が新規隊員募集への協力を拒否している悲しい実態がある。この状況を変えよう。憲法に自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打とう」と訴えたのだ。

 後に「都道府県の6割以上」は、国会答弁で「市町村の6割以上」に訂正したが、要は9条に自衛隊が書かれ…

この記事は有料記事です。

残り2528文字(全文2836文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです