メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

安倍流改憲論の薄っぺら 「自衛官募集に自治体が協力しないから…」

安倍晋三首相=玉城達郎撮影

 「新説」である。最近、新たに登場した安倍晋三首相の憲法改正論のことだ。今度は「自衛官募集に協力しない自治体が多い。だから9条を変えて自衛隊を明記しよう」との主張である。事情を知る元自衛隊OBらはどう見るか?【吉井理記】

徴兵制「合憲」の危険も 「無用の長物」願望こそ誇り

 確認しておこう。安倍首相がその「新ネタ」を披露したのは2月10日、自民党大会でのことだ。「都道府県の6割以上が新規隊員募集への協力を拒否している悲しい実態がある。この状況を変えよう。憲法に自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打とう」と訴えたのだ。

 後に「都道府県の6割以上」は、国会答弁で「市町村の6割以上」に訂正したが、要は9条に自衛隊が書かれていないから自治体が協力しない、だから改憲すれば協力も増えますよ、という説である。

この記事は有料記事です。

残り2487文字(全文2836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです