メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

古井由吉さん(作家) 心身に沿い、より自在に 新刊『この道』刊行

インタビューに答える作家の古井由吉さん=東京都世田谷区で、宮本明登撮影

 作家、古井由吉さん(81)の新作『この道』(講談社)は、八つの短編の集成という、近年の作品に共通する形を取っている。現実と非現実、過去と現在を往還し、奥行きの深い言葉を響かせる作風は揺るぎないが、今回の作品では物語としての明確な筋がほぼ姿を消した。身辺の描写から過去の記憶へ、あるいは読んできた古典文学へと、作為的な転換を感じさせることなく自然に、次々と話題が移ろっていく。

 「心境小説になってもいい、というぐらいの気持ちで、なるべく具体(的な事象)に付くようにしました。今の自分の心身に付く。すると年寄りですから季節や天候に影響を受けやすい。それに連れて思い出されることを順次、出てきたところから構わず書いていく。そういう勝手を自分に許しました」

この記事は有料記事です。

残り1079文字(全文1404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです