メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
ワイド天元

熟練、若手の大混戦

 本因坊文裕(29)=井山裕太九段=への挑戦者を決める第74期本因坊戦リーグはトップ棋士8人で競われ、各棋士残り2戦で、大詰めを迎えている。ここまで羽根直樹九段(42)と一力遼八段(21)が4勝1敗で首位に並ぶ。3勝2敗で山下敬吾九段(40)、余正麒八段(23)、芝野虎丸七段(19)、河野臨九段(38)の4人が追う。黄翊祖八段(31)と安斎伸彰七段(33)は陥落が決まった。

 リーグに残留できるのは上位4人。現在、首位の羽根と一力を含め上位6人は全員、挑戦も陥落もあり得る状…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文611文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです