東日本大震災8年

福島の葛藤、漫画に 原発事故前に移住、山本さん 失った幸福も痛みも

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災の7年前に埼玉県から福島県天栄村(てんえいむら)に移住した漫画家、山本おさむさん(65)は、村で暮らしながら、東京電力福島第1原発事故の影響をめぐって葛藤する住民を漫画に描いてきた。放射性物質をめぐる混乱、除染、生業(なりわい)訴訟……。山本さんは「漫画だから表現できる心の痛みがある」と語る。【原奈摘】

 愛犬や妻との暮らしぶりを自らを主人公に描いた漫画「今日もいい天気」を2008~17年にしんぶん赤旗に掲載し、単行本3冊を出版した。このうちの1冊「原発事故編」は、「平和な生活が原発事故によって壊される憤りと、そこから立ち直る人々を描写した」として日本漫画家協会賞特別賞を13年に受賞。原発事故で生業訴訟を追った3冊目は18年2月に出版した。

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1085文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集