メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人受け入れ

3県の社会福祉法人、組合設立 研修など環境整備 /青森

 青森、宮城、福島3県の5社会福祉法人が、外国人介護人材の受け入れ事業を行う協同組合の設立を決めた。外国人労働者の受け入れを拡大する新たな在留資格が4月に創設されるのを前に、人手不足が深刻化する介護の現場で、安心して働ける環境を整える狙い。

 名称は「みちのく社会福祉協同組合」。事務局は仙台市に置き、近く宮城県に設立を申請する。

 2月25日の総会で理事長に就任した青森社会福祉振興団(むつ市)の中山辰巳専務理事によると、技術研修…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄
  5. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです