メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小国町

町有地、半値で売却 取得時5000万円 住民らに疑問の声 /山形

 小国町が昨年12月に売却した町有地が、直前の不動産鑑定を経て大幅に値段が下がっていたことが6日、同町議会の一般質問で明らかになった。町が取得した時は約5000万円相当で、売却額は2620万円。「原価より大幅に下げて売却したのは町民の不利益になるのではないか」との質問に、仁科洋一町長は「寝ている資産を放置するのが町民の不利益だ。今回が投資のタイミングと判断し売却した」と述べたが、住民らからは「なぜ」の声が上がっている。【佐藤良一】

 指摘があったのは、JR小国駅から南東約1キロの同町あけぼの3の土地。町は2002年、町土地開発公社…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです