メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

県議選の構図/3 西6区、現新の一騎打ちか 西7区、現元新5人が挑む /埼玉

 <西5区=ふじみ野市、三芳町、定数2>自民現職が引退を表明し、現職と新人2人が挑む。再選を狙うのは共産現職の前原かづえ氏(69)。三芳町議会議長を辞した抜井尚男氏(54)とふじみ野市議の渡辺大氏(44)がともに自民公認を得て議席独占を狙う。

 <西6区=富士見市、定数1>自民現職に無所属新人が挑戦する。2016年の県議補選で初当選した自民の金子勝氏(58)に、市議会で金子氏とともに非自民会派を創設した新人の八子朋弘氏(45)が無所属で挑む。一騎打ちの激しい…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです