メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ちばの底力

立石煙火製造所 家族で支える花火作り /千葉

 東日本大震災追悼花火大会が9日夜、富津市の竹岡漁港で開かれる。そこで打ち上げられる約100発の花火を全てこしらえた。最盛期に3軒あった市内の花火屋だが、残ったのはただ1軒。父栄さん(故人)の後を継ぐ3代目社長の立石泰之さん(48)と、兄博美さん(51)と母房さん(75)の家族3人で支え合って製造、販売、打ち上げまで行っている。

 花火製造は昭和初めごろ、日用雑貨店を営んでいた立石さんの祖父が始めた。1948年に「立石煙火店」を…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです