メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ちばの底力

立石煙火製造所 家族で支える花火作り /千葉

 東日本大震災追悼花火大会が9日夜、富津市の竹岡漁港で開かれる。そこで打ち上げられる約100発の花火を全てこしらえた。最盛期に3軒あった市内の花火屋だが、残ったのはただ1軒。父栄さん(故人)の後を継ぐ3代目社長の立石泰之さん(48)と、兄博美さん(51)と母房さん(75)の家族3人で支え合って製造、販売、打ち上げまで行っている。

 花火製造は昭和初めごろ、日用雑貨店を営んでいた立石さんの祖父が始めた。1948年に「立石煙火店」を…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文640文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです