メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世田谷区

書類の「父・母」欄廃止へ 多様な保護者に対応 議会定例会 /東京

 世田谷区は6日、保育所の入園申込書などの子どもに関する文書で、従来「父・母」としていた欄をすべて見直す方針を明らかにした。子育てしている同性カップルや親以外の親族など、多様な保護者に対応した様式に改める。同日の区議会定例会予算特別委員会で、上川あや区議の質問に区側が答えた。

 同区の保育所への入園申込書は、現在は家族の勤務などの状況を聞く欄が「母の状況」と「父の状況」、別居の祖父母についての欄が「母方」と「父方」に分かれているなど、保護者は父母であることを前提とした書式となっている。

 知久孝之保育担当部長は、入園後の提出書類にも同様の書式があると説明。「すべての書類を再確認し、保護…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文650文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです