メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世田谷区

書類の「父・母」欄廃止へ 多様な保護者に対応 議会定例会 /東京

 世田谷区は6日、保育所の入園申込書などの子どもに関する文書で、従来「父・母」としていた欄をすべて見直す方針を明らかにした。子育てしている同性カップルや親以外の親族など、多様な保護者に対応した様式に改める。同日の区議会定例会予算特別委員会で、上川あや区議の質問に区側が答えた。

 同区の保育所への入園申込書は、現在は家族の勤務などの状況を聞く欄が「母の状況」と「父の状況」、別居の祖父母についての欄が「母方」と「父方」に分かれているなど、保護者は父母であることを前提とした書式となっている。

 知久孝之保育担当部長は、入園後の提出書類にも同様の書式があると説明。「すべての書類を再確認し、保護…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文650文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. HARA 自殺未遂後初のTV出演 KARA時代のヒット曲披露(スポニチ)
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです