写真集

被災地の建築ありのまま 震災8年、写真家・山岸さん記録 作品集出版、中央区で展示会も /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 写真家の山岸剛さん(42)=川崎市=が、2010年から約8年にわたって東北の太平洋沿岸部の建築や風景を記録した写真集「Tohoku Lost,Left,Found」(LIXIL出版)を刊行した。約3カ月に1度はレンタカーを走らせ、東日本大震災を経て変わりゆく被災地の表情を記録してきた。「繰り返し津波が起きてきた地域のありのままの写真集。未来を考えるための資料になればうれしい」と話している。【出水奈美】

 建築写真の世界で活躍する山岸さんは、義母の実家が岩手県にある縁で、震災前から東北の風景を撮影していた。震災の2カ月後、同県宮古市の漁港を訪れ、津波によって原形をとどめないほどに壊れた施設を目にした。「建築という人工物を介して見えてくる自然の力」を記録したいと感じ、東北の太平洋沿岸部に足しげく通うようになった。

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文684文字)

あわせて読みたい

注目の特集