メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活

ノートで支援 射水市が作成 /富山

富山県射水市が作成した「思いを伝えるノート」=森野俊撮影

 射水市は市民の「終活」を支援しようと、冊子「思いを伝えるノート」を2500部作成した。市役所や地域包括支援センターの窓口などで無料配布している。

 A4判18ページで、作成には同市民病院の協力を得た。企業の広告を掲載して制作費をまかなったため、「ゼロ予算事業」になった。

 冊子には、健康状態などの基本情報のほか…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. NGTから卒業の山口真帆「アイドル辞める」 芸能活動は続行「夢に向かって」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです