防災士

金沢初の外国人誕生 韓国出身の林さん /石川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
金沢市で外国人初の防災士となった市国際交流員の林慧娟(イム・ヘヨン)さん=金沢市役所で、久木田照子撮影
金沢市で外国人初の防災士となった市国際交流員の林慧娟(イム・ヘヨン)さん=金沢市役所で、久木田照子撮影

 韓国出身の金沢市国際交流員、林慧娟(イムヘヨン)さん(27)が今年1月、外国人として市内初の防災士に認証された。市は「災害が起きた時、外国人住民や観光客の力になってくれるはず」と期待を寄せる。

 防災士は、阪神大震災を機に始まった民間資格で、昨年末までに全国で16万1650人が認証された。

 林さんは日本留学などを経て、2016年4月から現職。就任直後に熊本地震が発生し、現地の友人から状況を聞いて災害への備えの大切さを感じた。昨年秋、職場の回覧資料で防災士…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文573文字)

あわせて読みたい

注目の特集