なばり農業塾

塾生10人募集 来月開講、就農希望者など対象 /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 名張市は、経営の本格化を目指す小規模農業者や新規就農希望者を対象にした4月開講のセミナー「なばり農業塾」の塾生10人を募集している。県伊賀農業改良普及センターの普及指導員や市内の指導的農業者から、ナスやキュウリなどの夏野菜、白菜や大根などの秋冬野菜について講義(全6回)や美旗地域のほ場での実習を受ける。

 山に囲まれた同市は総耕地面積や平たん農地が少なく、小規模な農業者が多品種の野菜や果樹を生産する、いわゆる「小さい農業」が特徴。「小さい農業」の新規参入の壁が低いことを生かして、主婦や定年退職者、カフェ経営者ら小規模ながら多彩な担い手を育て、農業の活性化や耕作放棄地の抑制につなげようと、昨年度から農業塾を開講している。

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文454文字)

あわせて読みたい

注目の特集