メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 福島と共に悩み抜く 原発被災者を支援 安斎育郎・立命館大名誉教授 /京都

福島の被災地を月に1回調査する安斎育郎さん。結果は科学的データと共に冊子にまとめている=京都市北区の立命館大国際平和ミュージアムで、菅沼舞撮影

「信頼関係を回復するしかない」

 東日本大震災の発生から11日で8年を迎える。立命館大国際平和ミュージアム名誉館長で放射線防護学が専門の安斎育郎・同大学名誉教授(78)は、福島第1原発事故後から住民らの相談に乗る被災者支援活動「福島プロジェクト」を月1回、ボランティアで実施。今年1月で57回を数えた。「3・11で国家・企業・科学への信頼が崩れた。現場に立って一緒に悩み抜き、信頼関係を回復するしかない」との信念が原動力となっている。【菅沼舞】

 安斎さんは今年1月24~26日、福島市内の保育園を訪れ、園児の散歩ルートの放射線量率を調査した。山…

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1494文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  5. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです