メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

県議選 予想の構図/3 東播磨・北播磨地区 /兵庫

 ■加古川市(4)

自現の動向焦点

釜谷研造 87 自現(7)

松本裕一 49 自新

岸本一尚 58 公現(3)

山川博 74 共新

掘井健智 52 維現(1)

迎山志保 43 無現(2)

 5人が名乗りを上げる中、焦点は自民が1人か2人になるのかだ。

 正式に態度を明かしていないベテラン・釜谷の進退に注目。前加古川市議の松本は早くから準備を進め、初当選を目指す。4選を狙う岸本は支持組織以外への浸透も図る。元加古川市議の山川は2月下旬に共産が公認発表し、支持拡大を急ぐ。議席維持に懸ける掘井は更なる知名度アップへ躍起。選挙区唯一の女性・迎山は連合兵庫などからの支援で3選を期す。

この記事は有料記事です。

残り977文字(全文1259文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです