メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書道展

太筆、伸び伸び 障害者と母たち きょうから神戸 /兵庫

母と子で書道を楽しむ「ハートでアート」のメンバーと関係者ら。後ろは太筆で書かれた作品=神戸市中央区下山手通4の県民アートギャラリーで、木田智佳子撮影

 障害者と母たちの書道グループ「ハートでアート」の作品展「中村瑶光と仲間たちの書作品展」(毎日新聞社など後援)が7日から、神戸市中央区下山手通4の県民アートギャラリー(県民会館内)で開かれる。メンバーとゲストの作品約50点を展示する。10日まで。

 市立青陽須磨支援学校の出身者と母たちが卒業後も書道を続けたいと、書家の中…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 全国移動は6月19日からOK 政府、経済活動再開の指針公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです