メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本学生児童発明くふう展

谷外小6年・影山さんに発明協会会長賞 鉄球の数で表す「時計」製作 /兵庫

 第77回全日本学生児童発明くふう展(発明協会主催、毎日新聞社など後援)で、姫路市立谷外小6年、影山果星さん(12)=姫路市飾東町=の作品が発明協会会長賞に輝いた。3列のレーンにたまった鉄球の数で時間、分を表す「時計」。受賞に「認められて、うれしい」と話す。

 時計の「分」は10進法を使い、1の位のレーンに10個鉄球がたまると、10の位のレーンに1つ鉄球が落ちる。時間は、60進法と12進法を利用。分の10の位に6個鉄球がたまると時間のレーンに1個鉄球が落ち、12個までたまる。それぞれのレーンにある鉄球の数を数えると、何時何分か分かるしくみだ。鉄球が…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師に捧げる初優勝
  5. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです