メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレミア和歌山

優良県産品、新たに60品目認定 「熊野本宮・釜餅」など /和歌山

プレミア和歌山の審査委員特別賞を受賞した「熊野本宮・釜餅(もよぎ)」を手に持つ熊野鼓動の横瀬恒人社長=和歌山市内で、高橋真志撮影

 県は、今年度の優良県産品「プレミア和歌山」として47事業者の農産物など60品目を新たに認定した。最高賞の審査委員特別賞には、田辺市の食品加工会社「熊野鼓動」の「熊野本宮・釜餅(よもぎ)」が選ばれた。

 プレミア和歌山は、県産品の販売促進に向けたブランド化のため、2008年度に始まった。今回は11回目で、認定数は計330事業者の582品目となっ…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです