メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みずほFG

6800億円損失 今期大幅下方修正 店舗閉鎖などで

 みずほフィナンシャルグループ(FG)は6日、2019年3月期連結決算で、過剰な店舗数の削減などに伴い約6800億円の損失を計上すると発表した。これにより、連結最終(当期)利益の見通しを従来の5700億円から800億円(18年3月期は5765億円)に大幅下方修正した。超低金利や人口減少で銀行経営が厳しさを増す中、将来予想される損失を一括計上し、体質改善を図る。

 みずほFGは17年11月、IT活用で業務量が減ることなどを受け、今後10年間でグループ従業員数を1…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです