メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説を読み解く

沖縄県民投票 否定的な評価貫く読売・産経=論説委員長・古賀攻

埋め立て工事が進む沖縄県名護市辺野古の沿岸部=2019年2月23日、本社機「希望」から

毎日 辺野古は困難/朝日 これが民主国か/読売 国会に委ねよ

 沖縄・辺野古沖埋め立ての是非を問う沖縄県民投票は、7割超の反対票を集めて終わった。県民意思の表出があった以上、中央政府は何らかのアクションを起こすのが民主政治の定石のはずだが、安倍政権は投票を「なかったこと」にしているように見える。

 日本の政治制度は選挙された代表者による意思決定を基本にしている。その中で有権者のダイレクトな意思をどう扱うかは、確かに悩ましい問題だ。ただ、「民意」が行き場を失ってさまようような事態になると、民主主義そのものを傷つけてしまう。

 このため、毎日新聞や朝日新聞、多くの地方紙は投票結果を受けて政府に埋め立て中止を求めたが、読売、産…

この記事は有料記事です。

残り2102文字(全文2413文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  2. なぜ女性専用車両は必要か TV番組が炎上、「マナー」「トラブル」特集で

  3. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

  4. 奈良の不明高1女子、大阪で保護 けがなし

  5. 奈良で不明の女子高生保護、誘拐容疑で姉ら男女3人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです