メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説を読み解く

沖縄県民投票 否定的な評価貫く読売・産経=論説委員長・古賀攻

埋め立て工事が進む沖縄県名護市辺野古の沿岸部=2019年2月23日、本社機「希望」から

 沖縄・辺野古沖埋め立ての是非を問う沖縄県民投票は、7割超の反対票を集めて終わった。県民意思の表出があった以上、中央政府は何らかのアクションを起こすのが民主政治の定石のはずだが、安倍政権は投票を「なかったこと」にしているように見える。

 日本の政治制度は選挙された代表者による意思決定を基本にしている。その中で有権者のダイレクトな意思をどう扱うかは、確かに悩ましい問題だ。ただ、「民意」が行き場を失ってさまようような事態になると、民主主義そのものを傷つけてしまう。

 このため、毎日新聞や朝日新聞、多くの地方紙は投票結果を受けて政府に埋め立て中止を求めたが、読売、産経両紙は県民投票に否定的な評価を貫いた。その論調の違いは、安倍政権と沖縄を分かつ溝と同じように深い。

この記事は有料記事です。

残り2082文字(全文2413文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相が「内奏」 天皇陛下に国政報告 皇居で2人きり

  2. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 「みさき公園」ついに閉園 多くの人に愛され63年 大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです