メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外芥川賞に今村夏子さん「むらさきのスカートの女」
一点張り・論説室から

米朝首脳会談と米ソINF交渉=布施広

 1986年10月のアイスランド・レイキャビク。レーガン米大統領は、中距離核戦力(INF)全廃条約に関するゴルバチョフ・ソ連共産党書記長の対応に怒り、傍らのシュルツ国務長官に「もう帰ろう」と言って会談を打ち切る。

 「では、どうすればよかったのか。私には分からない」。追いすがるように言う書記長に、レーガンは「私には分かる。君は(米側提案に)イエスと答えるべきだった」と応じて車に乗り込むのだ(レーガン「自伝」)。

 こんな冷たい決裂にもかかわらず米ソは翌87年、同条約に調印した。雨降って地固まる。だから、物別れに…

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文929文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. あなたの参院選 後期高齢者に「仕送り」35万円 給与天引きで自覚薄く
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです