メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮・拉致問題

首相決意「金委員長と向き合う」 被害者家族と面会

拉致被害者家族会代表らとの面会で発言する安倍晋三首相(右端)=首相官邸で2019年3月6日、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は6日、北朝鮮による拉致被害者の家族らと首相官邸で面会した。首相は、2月末にベトナムであった米朝首脳会談で、トランプ米大統領が拉致問題解決に向けた首相の考えを金正恩朝鮮労働党委員長に伝えたと説明し、「あらゆるチャンスを逃さないとの基本的方針に基づき、次は私自身が金委員長と向き合わなければならない」と決意を述べた。

 首相は、トランプ氏が通訳だけを交えた1対1の会談と、夕食会の2回、拉致問題を提起したと家族らに伝え…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビルから鉄パイプが落下 通行人の男性重体 和歌山

  2. 「会社ってごみや」パワハラ自殺男性、両親にメール トヨタ側は当初「責任ない」

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです