メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

復興から取り残された被災者 「震災障害者」に救いの手を=本橋敦子(仙台支局)

牧秀一理事長(右端)の呼びかけで初めて全国の震災障害者が参加し、悩みを語り合った集会=神戸市中央区で2018年6月9日、本橋敦子撮影

 東日本大震災の被災地で取材を続ける中で、被災時の負傷などが原因で障害が残った「震災障害者」とその家族が抱える孤立感や、復興から取り残される葛藤を強く感じてきた。震災から間もなく8年。傷を癒やすはずの時間の経過が、逆に被災者の心の傷を深く刻んでいるように見える。なぜか。震災障害者が震災の犠牲として認められていないことが大きいと考える。

この記事は有料記事です。

残り1844文字(全文2012文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 2歳娘「ママーおちるー」病院ベッドで泣き叫んだ 大津園児死傷事故1カ月
  5. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです