メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みずほFG

6800億円損失 超低金利、構造改革急ぐ システム一括償却 店舗再編を加速

3メガバンクが進める構造改革

 みずほフィナンシャルグループ(FG)が2019年3月期連結決算で、6800億円の損失を計上するのは、超低金利など厳しい経営環境の中で、生き残りをかけた抜本的な構造改革を進めるためだ。他のメガバンクと比べても店舗再編などの改革は大きく遅れており、巨額損失を計上してでも巻き返しを図りたい思いがにじむ。

 「従来型の金融モデルの限界だ。収入と経費のミスマッチが起きており、金融機関として顧客ニーズに対応で…

この記事は有料記事です。

残り1087文字(全文1288文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです