メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

OECD

世界経済「今年以降減速」と予測 貿易摩擦が影響

 【ジュネーブ共同】経済協力開発機構(OECD)は6日、経済見通しを発表し、2019年と20年の世界の実質成長率をそれぞれ3・3%、3・4%と予測した。18年の3・6%から減速する。

 米中貿易摩擦に伴い、中国やユーロ圏の経済にブレーキがかかるのが理由だ。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感も重荷…

この記事は有料記事です。

残り102文字(全文252文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです