メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

東京会議2019=国家公務員共済組合連合会理事長・松元崇

 先の週末、東京のホテルで東京会議2019が開催された。同会議は、世界で深刻化するリベラルな国際秩序や民主主義の大きな試練に、世界のシンクタンクが力を合わせて立ち向かえないかとの問題意識の下、日本の非営利法人の言論NPOが、主要7カ国(G7)にインド、ブラジル、韓国を加えた10カ国の有力シンクタンクに呼び掛けて2年前から開催しているものだ。

 今年のテーマは「米中対立の行方とリベラルな国際秩序の将来」。近年深刻化してきた米中の対立は、通商面の対立だけではなく、リベラル秩序に関わる問題にもなってきている。対立の行方によっては中国が今後、世界のリベラル秩序の参加者でい続けられるのか、異なるシステムとして分立し共存する仕組みになっていくのか、その岐路に世界が立たされているとの現状認識に基づくものだ。

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 金言 首相、そりゃないよ=小倉孝保

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです