メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

福島第1原発事故 廃炉、続く綱渡り 除染、先見通せず(その2止)

復興拠点の外は不明

 福島第1原発事故では、大量の放射性物質が福島県内を中心とする広範囲に降り注いだ。政府は原発の半径20キロ圏を原則立ち入り禁止の「警戒区域」や「避難指示区域」に指定し、さらに20キロ圏外にも「計画的避難区域」「緊急時避難準備区域」を設定するなどして、一時は最大約47万人の周辺住民らが避難した。

 事故から約1年後の2012年4月、政府は避難指示区域を年間の被ばく線量に応じ▽避難指示解除準備区域▽居住制限区域▽帰還困難区域--に再編。除染の効果が出やすい避難指示解除準備区域と居住制限区域では、12年7月から国直轄で除染を進め、17年4月の富岡町まで順次、避難指示を解除した。

この記事は有料記事です。

残り1053文字(全文1350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです