メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

福島第1原発事故 廃炉、続く綱渡り 除染、先見通せず(その2止)

復興拠点の外は不明

 福島第1原発事故では、大量の放射性物質が福島県内を中心とする広範囲に降り注いだ。政府は原発の半径20キロ圏を原則立ち入り禁止の「警戒区域」や「避難指示区域」に指定し、さらに20キロ圏外にも「計画的避難区域」「緊急時避難準備区域」を設定するなどして、一時は最大約47万人の周辺住民らが避難した。

 事故から約1年後の2012年4月、政府は避難指示区域を年間の被ばく線量に応じ▽避難指示解除準備区域…

この記事は有料記事です。

残り1144文字(全文1350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  4. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

  5. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです