特集

検証・安倍政権

7年8カ月余りにわたった第2次安倍晋三政権が幕を閉じました。数々の疑惑、課題が残されたままです。

特集一覧

森友学園

補助金詐欺 籠池夫妻、無罪主張 「国策逮捕許せぬ」 大阪地裁初公判

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
初公判のため、大阪地裁に入る籠池泰典被告=大阪市北区で2019年3月6日午後1時41分、小出洋平撮影
初公判のため、大阪地裁に入る籠池泰典被告=大阪市北区で2019年3月6日午後1時41分、小出洋平撮影

 学校法人「森友学園」(大阪市)を巡る補助金詐欺事件で、国と大阪府・市からの補助金をだまし取ったとして詐欺などの罪に問われた、前学園理事長の籠池泰典(66)と妻諄子(じゅんこ)(62)の両被告に対する初公判が6日、大阪地裁(野口卓志裁判長)で開かれた。いずれも無罪を主張した。【高嶋将之、松本紫帆】

 籠池被告は捜査の背景に安倍晋三首相らへの配慮があったと指摘し、「国策逮捕は絶対に許せない」と大阪地検を批判。諄子被告は「補助金の申請には関わっていない」と否認した。

 検察側は冒頭陳述で、両被告は大阪府豊中市の国有地で開校を目指していた小学校の建設や幼稚園の運営に充てるために補助金をだまし取ろうとしたと指摘。国からの補助金については、小学校の建設工事費や設計費を水増しするよう業者に指示し、府・市への申請書は、籠池被告自身が偽造したと指摘した。

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文959文字)

【検証・安倍政権】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集