メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

恐竜復元図、科学と芸術の出合い 丹波竜、製作の現場から

恐竜の復元図ができるまで

 図鑑などでおなじみの恐竜の復元図。発掘されたわずかな化石を手がかりに、誰も実物を見たことのない姿がどのように描かれているのか。2006年に兵庫県丹波市で化石が見つかった丹波竜を例に、サイエンス(科学)とアート(芸術)の出合いを取材した。【柳楽未来】

 ●骨、全身の3割のみ

 丹波竜の化石は白亜紀前期(約1億1000万年前)の地層から見つかった。「兵庫県立人と自然の博物館」(同県三田市)が中心となって発掘調査を行い、頭部や肋骨(ろっこつ)、尾の骨や歯などの化石を発見。国内最大級の新種の草食恐竜として、注目を浴びた。

 丹波市は復元図を作るため、同博物館に監修を依頼。しかし、発掘できた骨は全身の3割ほどしかなかった。…

この記事は有料記事です。

残り1432文字(全文1740文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  3. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです