メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

恐竜復元図、科学と芸術の出合い 丹波竜、製作の現場から

恐竜の復元図ができるまで

 図鑑などでおなじみの恐竜の復元図。発掘されたわずかな化石を手がかりに、誰も実物を見たことのない姿がどのように描かれているのか。2006年に兵庫県丹波市で化石が見つかった丹波竜を例に、サイエンス(科学)とアート(芸術)の出合いを取材した。【柳楽未来】

 ●骨、全身の3割のみ

 丹波竜の化石は白亜紀前期(約1億1000万年前)の地層から見つかった。「兵庫県立人と自然の博物館」(同県三田市)が中心となって発掘調査を行い、頭部や肋骨(ろっこつ)、尾の骨や歯などの化石を発見。国内最大級の新種の草食恐竜として、注目を浴びた。

 丹波市は復元図を作るため、同博物館に監修を依頼。しかし、発掘できた骨は全身の3割ほどしかなかった。同博物館が「解剖学の知識があり信頼できる」と考え、復元図の共同製作を持ちかけたのが第一人者の小田隆・大阪芸術大准教授(49)だった。

この記事は有料記事です。

残り1366文字(全文1740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  2. 分かれても「民主党」 立憲、国民、衆院比例代表で同じ略称 票は「案分」へ

  3. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  4. チームの浮沈で学んだ「一喜一憂しても仕方ない」 ヤマハの窮地救った31歳 都市対抗東海2次

  5. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです