メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

温室効果ガス→有用ガス 効率よく合成、新触媒開発 温暖化対策に貢献も 物材機構

 <ピックアップ>

 代表的な温室効果ガスのメタンと二酸化炭素から、さまざまな化学製品の原料になる一酸化炭素と水素を効率よく合成する新しい触媒を開発したと、物質・材料研究機構(茨城県つくば市)などのチームが国際科学誌に発表した。地球温暖化対策に貢献できる可能性があるという。【酒造唯】

 従来の触媒はニッケルや酸化イットリウムなどを使う。セ氏600度以下で反応させると大量のすすが発生し、目詰まり…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 夜の表参道そぞろ歩き マクロン仏大統領夫妻
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです