メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

温室効果ガス→有用ガス 効率よく合成、新触媒開発 温暖化対策に貢献も 物材機構

 <ピックアップ>

 代表的な温室効果ガスのメタンと二酸化炭素から、さまざまな化学製品の原料になる一酸化炭素と水素を効率よく合成する新しい触媒を開発したと、物質・材料研究機構(茨城県つくば市)などのチームが国際科学誌に発表した。地球温暖化対策に貢献できる可能性があるという。【酒造唯】

 従来の触媒はニッケルや酸化イットリウムなどを使う。セ氏600度以下で反応させると大量のすすが発生し、目詰まり…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. クマに襲われ男性2人重傷 猟友会員らがクマ射殺 新潟・魚沼

  3. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  4. ネカフェ生活6年の男性に重い2% また路上生活か…とかすむ夢

  5. 渓流釣り中 クマ襲撃、空手高段者 目つぶしで撃退 群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです