メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

語り部、母から娘へ 津波体験、紙芝居で

田畑ヨシさんが残した紙芝居を紹介する長女の高橋恵美子さん=岩手県滝沢市鵜飼で2019年2月15日、鹿糠亜裕美撮影

 岩手県宮古市田老での津波体験の語り部を長年続けて、昨年2月28日に93歳で亡くなった田畑ヨシさんの一周忌に合わせて、長女の高橋恵美子さん(69)が活動を引き継いだ。昭和三陸大津波(1933年)で母を亡くし、東日本大震災の津波で自宅を流されたヨシさんが最も恐れたのは記憶の風化。恵美子さんは母が残した紙芝居「つなみ」とともに志を受け継いでいく。【鹿糠亜裕美】

 「いつかきっと津波がくるのだからな大きな地震がゆつた(揺れた)なら一人でも裏の赤沼山ににげるんだよ 大きな山のような波がきてさらわれるんだよ」

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文993文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです